Wi-Fi電波を活用した
センシングソリューション
powered by WirelessAI™ of Origin Wireless™

ソリューション概要

Wi-Fi電波をセンサとして活用

ORIGIN™ WirelessAI NXP Murata

Wi-Fiの電波をセンサーとして活用可能なOrigin Wireless社の独自技術WirelessAI™とムラタワイヤレスモジュール技術で環境変化のリアルタイム検知を実現します。この技術はNXP社のWi-Fi ICより取得可能なChannel State Information(CSI)とH-matrix dataを利用して実現しています。

WirelessAI™技術の活用例として、空間検知と位置測位があります。

空間検知の活用例として「部屋の在不在検知」と「呼吸検知」のデモを動画でご覧下さい。

特長

  • 屋内で必然的に発生する無線マルチパスを活用するため、電波の届く範囲でセンシング、発信元の位置特定が可能
  • センサ無し/カメラ無し/ウェアラブル無しで、ストレスフリーでの屋内モニタリングを実現

仕組み

  • 電波の反射変化から環境変化を検知
  • 反射経路を逆算することで、電波の発信位置を検出
  • 電波の届く範囲でセンシング可能

用途

PICK UP

転倒検知(開発中)

Fall detection(under developoing)

センシングソリューションの適用例として、転倒検知があります。室内の転倒場所では、リビング、玄関、階段、寝室、浴室などがあります。特に重大な事故につながりやすい、浴室、階段で転倒検知することで、いち早く救助や治療などを施すことが可能となります。

このように、Wi-Fi 電波を活用したセンシングソリューションは様々なシーンに適用することで、健康の維持や安全性の向上に寄与することが可能です。

  • ライフログ

    Life Log as a Service

  • 在不在検知

    Presence monitoring

  • 睡眠モニタリング

    Sleep monitoring

システムアーキテクチャ

実証実験サポートサービス

ムラタでは製品開発前に評価いただくため、
実証実験サポートサービスを準備しています。

  • 評価用キットの貸出

  • 評価用クラウドサービスのサービス提供

  • 技術サポート

※本内容は提供予定のサービスに関する情報のため変更となる場合がございます。詳しくはお問い合わせください。

仕様・スペック

Evaluation board
Murata Wi-Fi module For Sensing
Part Number
Tentative P/N LBEE1XV1YM-TEMP
Chipset
WLAN NXP Chipset 88W8997
Features
WLAN NXP Chipset 88W8997
Bluetooth® Ver.5.1
Interface WLAN : PCI Express
Bluetooth® : UART
Dimensions (mm) 22mm × 30 mm
Operating Temp. (℃) T.B.D.
  • ※本評価キットは年間1万台以上の量産体制で商品化をご検討のお客様へのみに提供しています。
  • ※本ページ掲載のアプリケーション自体は販売しておりません。弊社製品の適用例の一つとしてご紹介させていただいております。

お問い合わせ

こちらのソリューションに関するお問い合わせは、下記のお問い合わせフォームにて受け付けております。


パートナー

関連製品・ソフトウェア

Murata RF Modules

無線機器の開発と認証を容易にするRFモジュール

Connectivity Module Software Solution

ハードウェア&ソフトウェアでお客様の無線通信をトータルサポート!