IoT Connectivity PlatformAccelerating IoT Innovation

ソリューション概要

Accelerating IoT Innovation

Electric Impはデバイスとクラウドを簡単に接続する革新的でパワフルなIoTプラットフォームです。ハードウェア、OS、API、クラウドサーバが統合されており、製品リリースにおけるコストと時間を削減します。

また、100万台単位の製品のデプロイ、管理、スケールを必要とする事業者にとって信頼とセキュリティを提供します。

このプラットフォームは”greenfield” (新規製品の開発) や”brownfield” (既存製品の拡張) における多くのアプリケーションにとって理想的です。例えばアセットモニタリング、業務効率化、在庫補充システム、ロジスティクス、トラッキング、予知保全、セキュリティクリティカルなアプリケーションなどに適用できます。

従来からあるIoTへのアプローチとの違いは、Electric Impでは必要となるすべての要素が統合され管理されます。

Electric Imp Managed Cloud™

ソリューション特長

最初に紹介するコンポーネントはimpOS™とimpModule™です。impOSにより製品はセキュアにクラウドに接続することができ、ユーザは製品の機能開発に集中できます。 impOSはハードウェアレベルでセキュリティが担保されたimpModuleの上で実行されます。imp認定モジュールが製品に組み込まれることにより、ローカルでパワフルな演算が可能となり、センサーやアクチュエーターなどアプリケーションに必要なペリフェラルと接続されます。さらに、Wi-Fi、Ethernet、セルラーネットワークを通してIPベースの通信でクラウドに接続されます。村田製作所がモジュールの製造と販売を行います。

impModuleはimpCloud™エージェントにセキュアに接続されます。impCloudエージェントはプログラム可能なミドルウェアとして動作し、アップロードされたデータの処理やユーザ自身のクラウドへのデータ転送をおこないます。このアーキテクチャによりスケーリングを柔軟に、かつ簡単、自動的に実現できます。impCloudエージェントと外部クラウドの間はセキュアにそしてハイパフォーマンスに接続されます。

impCentral™はデバイス制御および管理Webインターフェースを提供します。数クリックで製品に新しい機能を投入し、製品のモニタリングを可能にします。impCentralを通してシステム、ソフトウェア、セキュリティのアップデートをOTAで提供します。

impSecure™はエッジからクラウドまでIoTソリューションの7つのレイヤーをすべてカバーするセキュリティを提供します。継続的なセキュリティメンテナンスは将来起こりうる脅威からシステムを守ります。

PoC (proof-of-concept)から商用サービスへの素早い移行をサポートするため、Electric Impは完成品のハードウェアやリファレンスデザインを含むIoT QuickStart Familyを提供します。ユーザは1つのプラットフォームでPoCから量産までシームレスにスケールすることができ、商用化までのリスクやコストを最小化できます。

Electric Imp Connected Manufacturing Suiteは製造からデプロイまでIoTデバイスの管理サイクルをサポートします。無駄を省くためのワークフローの自動化、労働力の最適化、製造工程のセキュリティ担保が可能となります。これにより、製造工程を世界中のどこにいても監視、検証することができ、これらの管理機能がどれほど製品の立ち上げの際に重要かは、製造工程にかかわる方は身にしみて理解されていることでしょう。

フリックしてご覧ください。
Lifecycle IoT

コア技術

商用化への時間短縮とトータルコスト削減

Electric Impは優れた柔軟性と信頼性によりPoCから商用化への移行を加速します。Fortune 500に選ばれた企業を含む、100以上の顧客のミッションクリティカルなデプロイをサポートしてきました。

  • ハードウェアのリファレンスデザインを利用し、プロトタイプから量産まで5カ月以内で実現します。
  • 統合されたハードウェア、OS、API、クラウドサーバにより商用化におけるコストと時間を削減します。
  • “greenfield”、”brownfield”のアプリケーションを含む、任意のデバイスを簡単にクラウドに接続します。
  • ソリューションやコンポーネントの複雑性を除去することで、投資回収を可能にします。

大規模スケーリングのサポート

150万台以上のデバイスをサポートできるアーキテクチャをもっており、開発、製造、デプロイそれぞれのフェーズでスケーラビリティを提供します。

  • 要望に応じてデバイスの数を簡単に増加させることができます。
  • OTAアップデート、セキュリティアップデートを含むデバイス管理ツールを提供します。
  • Wi-Fi、Ethernet、Bluetooth® LE、セルラーなど通信方式に関わらず、複数の製品にまたがってソースコード等の資産を再利用できます。
  • ビジネスの特性およびスケーラビリティの必要性に合わせて、パブリッククラウドかプライベートクラウドかを選択できます。

チップからクラウドまで一貫したセキュリティを保証

Electric imp は製品のライフサイクルをカバーする継続的なセキュリティメンテナンスなど、チップからクラウドまで一貫したセキュリティを提供します。そのセキュリティは公的な第3者機関によりテスト、承認されており、産業制御システム向けのUL2900-2-2 サイバーセキュリティ認証を取得しています。

  • 開発当初からユーザのアプリケーションにセキュリティを組み込んで提供することが可能です。
  • デバイスの製造段階を含め、チップからクラウドまで漏れのない一貫したセキュリティを提供します。
  • UL2900-2-2サイバーセキュリティ認証を取得している唯一のIoTプラットフォームです。
フリックしてご覧ください。
7 Layers of impSecure™ Managed Security

より詳しい情報をご希望の方はこちら
https://www.electricimp.com/platform/

お問い合わせ

こちらのソリューションに関するお問い合わせは、下記のお問い合わせフォームにて受け付けております。


パートナー