LOCIXテクノロジーとWi-Fiモジュールを組み合わせた 位置検知LPSシステム

システム概要

高品質・小型のムラタのWi-Fiモジュール
×
高精度・低消費電力のLocix LPS

LOCIX SPATIAL INTELLIGENCE Murata

位置検知LPSシステムは、屋内および屋外環境で1m以下の精度を備えた、WiFi対応デバイスの位置特定のためのモジュールです。
入り組んだ屋内環境でも既存のWi-Fiを技術を用いた即測位システムに比べ、非常に高い精度かつコストを抑えながら人・モノの位置を特定・追跡・分析することが可能です。
このシステムを用いて企業は可視性を大幅に向上させ、生産性と効率を向上させることができます。

特徴

Locix社のローカリゼーションアルゴリズムと村田のWi-Fi技術

  • 動的に変化する環境下での正確なパフォーマンス
  • エンタープライズ アプリケーションとの統合を可能にするオープンAPI
  • KPIを可視化するアナリティクス機能を備えたUI
  • 最小限のトータルコスト

現実的な環境では、見通し外制約環境(non-line of sight)やマルチパス反射環境(multipath tolerant)など様々な課題が存在します。
このような環境においてもLocix LPSは競合製品と比較して精度の高い位置情報を提供します。

  Wi-Fi BLUE
TOOTH LE
ULTRA-
WIDEBAND
LOCIX
LPS
Sub-m Accuracyindoor,non-line of sight.multipath tolerant
Total Cost of Ownership
Flexible Deploument Model

活用シーン

  • 倉庫・工場

  • 病院

  • インドア
    ナビゲーション

  • オフィスビル・店舗

用途例

  • 資産のトラッキングによる
    作業効率化および稼働率向上
  • ビルの占有状況モニタリング
  • 従業員の生産性向上
  • メンテナンス・サービス
  • 高価値資産、在庫および
    仕掛け品の追跡
  • インドア・ナビゲーション

ソリューション活用例

- 物流センター倉庫向け -
屋内位置検知用 LPSソリューション

ヒトやモノに取り付けたタグの位置を物流倉庫内に設置した複数の固定局(アンカー)で測位するLPSソリューションを活用し、倉庫内での導線改善や生産改善を目的とした用途でご活用いただけます。

計測データのビジュアライズイメージ

- 主な機能 -

  • 誤差1m以内のリアルタイム位置測位
  • ヒートマップ表示
  • 移動距離計測
  • 活動のトラッキングと分析
  • 統合のためのオープンAPI

Locixの特許取得済みのローカル位置測位(LPS)技術を活用して、高精度の屋内位置情報を収集し、高度なクラウド分析と組み合わせて、リアルタイムの可視化とオペレーションに関する独自の洞察を提供します 。

構成図

トラッカー 仕様

Radio 2.4/5GHz Locix MAVS11 / Sub-GHz TI CC1310
WLAN IEEE802.11a/b/g/n/ac, 2x2 MIMO
LPAN IEEE802.15.4
Sensors Temperature, Inertial
Interface SPI
Dimensions 28mm×30mm
Shield/Mold Metal Shield

ソリューション構成

村田製作所製:LPSモジュール

LOCIX社:Locix LPS(トラッカー・アンカー)新しいウインドウが開きます

*本ページ活用例掲載のアプリケーション自体は販売しておりません。弊社製品の適用例の一つとしてご紹介させていただいております。

お問い合わせ

こちらのソリューションに関するお問い合わせは、下記のお問い合わせフォームにて受け付けております。


パートナー