muRata INNOVATOR IN ELECTRONICS

OWLiQ tracking:屋内測位ソリューション

導入事例

事例 2 GEヘルスケア・ジャパン株式会社様

作業担当者のネームプレートに発信機を装着して動線を見える化し、事業所内のレイアウト不備による非効率な動線を発見 レイアウトの変更により動線を最適化しムダを解消 作業担当者のネームプレートに発信機を装着して動線を見える化し、事業所内のレイアウト不備による非効率な動線を発見 レイアウトの変更により動線を最適化しムダを解消

ムダな工数を削減するために「ヒトの動き・位置」を見える化

課題

30年の歴史を持つGEヘルスケア・ジャパン株式会社様の基幹工場では、古くから稼働する機械も多く、今ある設備を活かしつつ生産性向上と最適化を目指す試みが行われている。
そうした中、さらなる工数削減のための課題の抽出方法を模索していた。

OWLiQ tracking 導入と効果

作業者の動態分析で効率化を実現

GEヘルスケア・ジャパン株式会社様では、今ある設備を生かしつつ、工数削減のための課題抽出にOWLiQ trackingを導入。

人員の位置情報をビーコンで取得してヒートマップで見える化し、効率化のための課題を抽出した。主要動線から外れたところに設置されたゴミ箱へのムダな動線を発見。作業動線の見直しや工場内のレイアウト変更を行い、作業の効率化を実現できた。

GEヘルスケア・ジャパン株式会社様 プロフィール

GEヘルスケア・ジャパン株式会社は、GEヘルスケアの中核拠点の1つとして1982年に創設されました。予防から診断、治療、経過観察・予後管理までをカバーする「プレシジョン・ヘルス」の実現を目指し、インテリジェント機器やデータ分析、ソフトウェア、サービス等を提供しています。国内に研究・開発、製造から販売、サービス部門までを持ち、日本のお客様のニーズに応えつつ、日本が直面する医療課題の解決に取り組んでいます。

「OWLiQ tracking」は、
次のような課題をお持ちのお客様に適したソリューションです

  • 50m角以上の広域を測位してマクロに所在把握や動線分析など生産性改善に取り組みたい
  • 配線工事や設置工事など煩雑な手続きをすることなく、現在の作業環境を維持したまま
    所在や動線の「見える化」を実現したい
  • 測位環境のレイアウト変更が多く、工事に掛かる費用を抑えたい
導入までの流れ