muRata INNOVATOR IN ELECTRONICS

RFIDソリューション

RFIDとは?

RFID (radio frequency identification)とは、近距離無線通信を用いた自動認識技術のことを指します。
一般的には、無線通信を用いて、ICタグを取り付けた様々な対象物を識別・管理するシステムやその部品のことをRFIDと呼びます。RFIDの特徴や仕組み、無線通信の原理など、RFIDの基礎知識を紹介します。

RFIDの特徴

  • 距離が離れていても読み取れる

    無線通信により、数メートル離れた距離でも読み取り可能です。大型店舗や広い倉庫での棚卸しなど、高所のタグでも読み取ることができるので作業者の安全も確保できます。

  • 複数のタグを一括で読み取れる

    RFIDなら、商品のタグを一つ一つ手に取って読み取る必要がなく、スキャナをかざすだけで一括で読み取ることが可能です。棚卸し等に要する時間を大幅に短縮することができます。

  • 箱の中のタグも読み取れる

    電波で通信するため、梱包箱を開けずに箱の中のタグを読み取ることができます。バーコードは汚れると読み取ることができなくなりますが、RFIDは汚れに強く、タグの表面が汚れていても読み取りに問題が生じません。

  • 長寿命

    パッシブ型のRFIDタグは電池不要で半永久的に使用できます。またバーコードはデータを書き換えることができませんが、RFIDタグはメモリを内蔵しているためデータの書き換えに対応しています。加えて、多くの情報量を持たせることが可能です。

RFIDで実現する業務改善

  • 商品の在庫管理

    物流倉庫やバックヤード、店頭での棚卸し業務の効率化を促進。

  • モノ探し

    工場、物流倉庫、店舗間の入出庫時の検品業務の効率化を図ります。

  • 入出荷の記録

    ゲートを通過するのみで読み取りが完了しますので、作業負荷がありません。

  • 不正流通の防止

    高級ブランドの偽造品や横流しによる不正販売の防止に有効。

さらに具体的な業務改善事例はこちらで紹介しています。

ソリューション 活用事例から探す

RFIDの周波数帯

RFIDでは、LF帯、HF帯、UHF帯、マイクロ波帯の4種類の周波数帯が使用されています。
ムラタのRFIDは、HF帯とUHF帯の通信帯を使用しており、ISO/IEC 18000シリーズの無線通信規格で国際的な互換性が確保されているため、世界各国で利用されています。

  • LF帯
    LF(Low Frequency)帯は、電磁誘導方式を使用しており、他の通信帯と比較すると、歴史的に長く使われています。LF帯は車のキーレスエントリーなどの無線通信に利用されていますが、通信距離が数十センチと短くアンテナの巻数を多く必要とするため、薄型・小型化は困難です。
  • HF帯 RFID製品のご紹介リンク先を別窓表示
    HF(High Frequency)帯は、LF帯同様、電磁誘導方式でデータをやり取りしますが、LF帯に比べてアンテナの巻数は少なく済むため、薄型・小型化も可能です。 13.56MHzと短波帯の周波数を使用しているため、通信距離は比較的短め。人やモノを1対1で認証するような、近接エリアでの用途に適しています。 おサイフケータイや交通系カードなどの電子マネーに搭載されているNFC(Near Field Communication)も、HF帯RFIDの一つです。
  • UHF帯 RFID製品のご紹介リンク先を別窓表示
    UHF(Ultra High Frequency)帯は、電波方式で通信を行う仕組みです。860~960MHzと極超短波帯の周波数を使用しており、一括で読み取りを行う必要のある、数メートル離れた距離での用途に適しています。在庫管理や自動検品などの多くは、この周波数帯が使われています。
  • マイクロ波帯
    マイクロ波帯は、UHFに属する周波数で2.45GHzを使用しています。電子レンジや無線LAN(Wi-Fi)でも利用されているISMバンドを使用するため、電波干渉の懸念があり、対策を行う必要があります。また、通信距離も2-3mと短く、860~960MHz帯に比べると距離も稼ぐことができない状況です。
フリックしてご覧ください。
通信帯 LF HF/NFC UHF マイクロ波
周波数 ~135KHz 13.56MHz 860~960MHz 2.45GHz
通信方式 電磁誘導 電磁誘導 電波 電波
通信範囲 ~10cm ~10cm ~数m ~3m
指向性 広い 広い 狭い
金属の影響 大きい 大きい 大きい
水の影響 少ない 少ない 大きい
用途例 キーレスエントリー 公共系ICカード、
セキュリティ管理
アパレルや
小売りの在庫管理

RFIDの通信原理

フリックしてご覧ください。

RFIDの通信原理についての図解です。以下の通信の流れを図解しています。

基本的にRFIDは、バッテリ不要のパッシブタグが、リーダライタから送られてくる搬送波を反射することで通信を行います。

通信の流れ

  • 1リーダライタから電波を発信
  • 2ICタグ内のアンテナがリーダライタからの電波を受信
  • 3ICタグ内に電流が流れ、チップ内の情報を信号化
  • 4ICタグ側の電極印刷されたアンテナから信号を発信
  • 5リーダライタのアンテナが返答された信号を受信
  • 6リーダライタの制御コントローラを介して、PCなどでデータ処理を行う

現場の課題の分析からRFIDシステムの導入まで
一貫してサポートするムラタのサービスをご紹介します。

サービスについて

RFID(タグ・リーダ)をお求めのお客様

ムラタでは各種RFIDタグ・リーダのみの販売も行っています。
詳しくは製品情報ページをご覧ください。