muRata INNOVATOR IN ELECTRONICS

m-FLIP:
製造業向け稼動率改善ソリューション

導入までの流れ

ソリューション導入の流れ

お客様それぞれのお悩みに寄り添い、課題発見/課題設定からシステム導入、見える化の実現、改善活動まで、専任スタッフがサポートいたします。

  • STEP01
    課題設定/
    課題発見
    お客様課題(労働生産性向上、設備保全の効率化、設備投資抑制等)の確認
  • STEP02
    現場視察
    現場視察とディスカッションの実施。現状把握と解決課題の整理
    課題解決に向けた要件整理とシステム化要件のすり合わせ
  • データ分析
    支援ツール
    (利用希望者のみ)
    品種や材料などの生産情報データとm-FLIPで収集した設備稼動データを組み合わせ、加工・分析・表示できる「データ分析支援ツール」導入についてのすり合わせ
  • STEP03
    導入準備
    対象設備、監視すべきデータ項目の選定
    導入環境構築、セットアップ
  • STEP04
    本格導入
    評価テスト、実運用の開始
    データの蓄積
  • STEP05
    効果検証
    導入効果の確認。現場課題解決の評価
    分析レポーティングサービス(オプション)
  • STEP06
    水平展開 or
    課題設定(再)
    最優先課題の改善後の次なる課題設定/改善支援のアドバイス。

導入スケジュール例

「m-FLIP」の導入検討から、収集したデータを分析・検証するまでの流れのスケジュール例をご紹介します。

対象設備を5設備とした
m-FLIPの導入スケジュール例

フリックしてご覧ください。
  • 製品資料ダウンロード

    導入をご検討の方向けに、
    製品リーフレットを用意しております。
    ぜひご覧ください。

    製品資料ダウンロード
  • トライアルキット提供中

    製品版導入前に効果を確認しやすい体験版を特別価格にてご用意、まずはスモールスタートで効果を実感してください。

    詳しくはこちら
  • お申込み・お問い合わせ

    製品ロス削減・稼動率でのお悩みや
    他社システムとの連携についても
    お気軽にお問合せください。

    お申込み・お問い合わせ