muRata INNOVATOR IN ELECTRONICS

作業者安全
モニタリングシステム

システム構成

センシングするデバイスから
クラウドのウェブサービスまで
一括パッケージ

ハードウェア及びブラウザベース各種登録機能、ダッシュボード機能、アラート機能等のウェブサービスをまとめてご提供いたします。お客様の現場環境に適したサービスをご提供できるよう、特定小電力無線を使ったSub-GHz帯特定小電力無線モデルと、LTE-Mを使ったセルラーLPWAモデル*の2種類をご用意いたしました。
注*セルラーLPWAとは、携帯電話の基地局を用いた通信網を活用し、消費電力を抑えながら長距離通信が可能な通信方式の一つ。

システム構成 システム構成

Sub-GHz帯
特定小電力無線モデルのポイント

  • センサデバイスからゲートウェイへの通信方式は920MHz特定小電力無線
  • ゲートウェイからクラウドにデータ集約
  • 中継器を各場所に配置して中継
システム構成 システム構成

セルラーLPWAモデルのポイント

  • センサデバイスから公衆通信網経由でクラウドにデータ集約
  • LTE-M
  • SIM内蔵

システム構成物

  • センサデバイス

    センサデバイス

    ヘルメットに装着可能な、作業者の生体情報と周囲の環境のセンシングを行うデバイス。
    ※ヘルメットは含まれません。

  • ゲートウェイ

    ゲートウェイ

    センサデバイスで計測された情報を特小無線で集約し、クラウドに送信するデバイス。

  • 中継器

    中継器

    センサデバイスのデータを中継し、広範囲をカバーするためのデバイス。

  • ウェブサービス (クラウド)

    ウェブサービス (クラウド)

    各種登録を行う管理画面、ダッシュボード機能、アラート等の機能。
    アラートは、管理画面とあらかじめ設定されたメールアドレスに送信可能。

  • SIM

    SIM

    LPWA(LTE-M)の回線のSIM。

各モデル特徴

Sub-GHz帯特定
小電力無線モデル
セルラー
LPWAモデル
ゲートウェイ設置 必要 不要
こんな方におすすめ ・毎日同じ現場で作業をされるケース・屋内で作業されるケース
・毎日同じ現場で作業をされるケース
・屋内で作業されるケース
・広域エリアで作業をされるケース・毎日異なる現場で作業をされるケース
・広域エリアで作業をされるケース
・毎日異なる現場で作業をされるケース
取得データの送信方法
各センサデバイスから一度ゲートウェイに集約され、クラウドにデータが送信されます。中継器を設置することで、広範囲もカバー可能です。
各センサデバイスから基地局経由でクラウドへデータが送信されます。
使用する通信 特定小電力無線 920MHz LTE-M
パッケージ内容 (お客様お支払い内容)
ハードウェア A センサデバイス B ゲートウェイ C 中継機 A センサデバイス B ゲートウェイ C 中継機 A センサデバイス
ソフトウェア
(システム利用料)
D ウェブサービス(クラウド)
センサデバイス使用数*月額
※毎月デバイス数に応じた利用料をお支払いいただきます。
D ウェブサービス(クラウド)
センサデバイス使用数*月額
※毎月デバイス数に応じた利用料をお支払いいただきます。
インターネット
回線
センサデバイスからゲートウェイへのデータ通信費は発生しません。
ゲートウェイからクラウドまでの通信費は別途ご負担いただきます。
E SIM
センサデバイス使用数*月額
※毎月デバイス数に応じた利用料をお支払いいただきます。
補足
ゲートウェイ・中継器には電源が必要です。
インターネットに接続するためのネットワーク環境が必要です。