muRata INNOVATOR IN ELECTRONICS

作業者安全
モニタリングシステム

システムの機能と特長

「作業者安全モニタリングシステム」とは

「作業者安全モニタリングシステム」は、ヘルメットに装着可能なセンサデバイスにより、作業者の生体情報と周囲の環境情報を計測し、現場監督者や事務所スタッフの方が作業者の安全を遠隔から確認できるシステムです。
作業者の生体情報と周囲の作業環境の情報を基に熱ストレスを判定し、指定の連絡先にアラート通知を行うことができます。

システムの機能 システムの機能

システム構成はこちら

「作業者安全モニタリングシステム」の主となる機能をご紹介します。

機能01
作業者の生体情報と作業環境をセンシング

ヘルメットに装着可能なセンサデバイスから作業者の脈拍や活動量と周囲の温度や湿度を測定します。これにより、作業者の自己申告や温湿度計測作業がなくても客観的にセンシングすることができます。

機能02
センシングしたデータを集約し、クラウドに送信

センサデバイスで計測された情報を特小無線でゲートウェイに集約し、クラウドに送信します。広範囲の複数作業者や作業環境の情報を一つにまとめることができます。

機能03
熱ストレスを知らせるアラート通知

クラウドに送信されたデータを独自の判定アルゴリズムで解析し、熱ストレスがあると判定した場合は事前に設定したメールアドレスと管理画面のダッシュボードにアラートを通知します。
注*熱ストレス:周囲の環境、脈拍、活動量を計測して、総合的に判断する独自のパラメータ。疾病の診断や予防、予知を行うものではありません。

作業者安全モニタリングシステムの3つの特長

本システムの注目したい3つの特長をご紹介します。

ヘルメットに簡単後付け
01

ヘルメットに簡単後付け

センサデバイスはヘルメットに簡単に取り付けられます。追加のウェアラブル機器もないので普段通りヘルメットを被るだけでセンシングでき、取り外しの手間や付け忘れの心配もありません。また、非接触で測定が可能なため、装着違和感が少なく通常作業への負担が少ないです。

追加の専用端末不要
02

追加の専用端末不要

各デバイスから計測データを送信する際、特小無線を用いてゲートウェイに集約します。
作業者各々が追加でスマートフォンや別のウェアラブル機器を常に持ち歩く必要がありません。

安心の導入サポート
03

安心の導入サポート

導入をご検討される際には、使用環境などを一緒に確認させていただきます。また、現場視察や導入前のトライアル実施なども可能です。

導入までの流れはこちら