muRata INNOVATOR IN ELECTRONICS

RFIDソリューション

システム設計・開発・テスト

RFIDシステムの導入ではソフトウェアの役割が非常に重要です。特に大規模なネットワークに展開する場合、ソフトウェアの設計に拡張性を持たさなければなりません。

従来のバーコードが、モデルやサイズ、色などを組み合わせたSKUをもとに設計されているのに対して、RFIDはユニークIDによる個体識別が可能ですので相互間でのデータのやり取りを円滑に行う必要があります。

当社ではRFIDシステムを構成する重要な要素として、”RFIDミドルウェア”とBIツール”RFIDダッシュボード”があります。

RFIDミドルウェア

RFIDミドルウェアを通して、現場で使用するRFID機器とPOSやWMSなど多様な基幹システムを速やかに統合することが可能です。簡単に言えば、RFIDミドルウェアは読み取ったデータをフィルタリングして基幹システムが利用できるデータに加工できます。そのため、基幹システムではRFIDシステムの管理を行う必要がなく、データのやり取りを行うための簡単な処理に特化できます。

フリックしてご覧ください。
データの収集・蓄積からデータ加工、見える化までのプロセスを図案化。プロセスの中でRFIDミドルウェアが果たす役割と位置付けを図示しています。

RFIDミドルウェアの特徴

  • 特徴1
    既存システムとのシームレスな連携
    読み取ったデータを基幹システムが利用できるデータに加工することができます。そのため、基幹システムではRFIDシステムの管理を行う必要がなく、データのやり取りを行うための簡単な処理に特化できます。Web Service RESTful JSON、共有データベース、テキストデータ、CSV、EPCISなど複数インタフェースへの出力が可能です。
  • 特徴2
    開発時間・工数の削減
    複数のRFID機器に対する共通ライブラリ機能としてリーダやプリンタの制御、タグの読み書きなどの実行を、パッケージ内に実装済のため、お客様に負担を掛けることなくシステムの構築が可能。リーダ制御プロトコル規格のLLRPを利用し、リーダのGPIOを利用した読み取り制御ができます。
  • 特徴3
    ウェブアプリケーション
    RFIDで収集した大量のデータをもとに業務工程や製品の流れ、ロケーションなどを完全に可視化して利用者に情報提供できます。PCへの新規ソフトウェアのインストールが不要でブラウザーでの閲覧が可能です。ダッシュボードにはタグ読み取りの履歴検索や最新プロセスの表示などの機能も標準装備しています。
  • 特徴4
    GUIによる保守ツールを整備
    RFID機器のIPアドレス、出力レベル、アンテナポートの設定や、機器の追加・削除の操作などが容易にできます。現場の管理者によるメンテナンスが可能です。

RFIDダッシュボード

RFID技術により、ITCシステムが収集した大量のデータをもとにサプライチェーンの効率化や効果を計ることができます。そのためにはRFIDタグの生データを収集するだけでは不十分で、価値のある情報として加工して管理者のもとに届ける必要があります。

RFIDダッシュボードは業務工程や製品の流れを完全に可視化し、サプライチェーンに関連する管理者全員に情報を提供できるBI(Business Intelligence)ツールです。

フリックしてご覧ください。
RFIDダッシュボードによって見える化されたサプライチェーンのイメージ

基本機能リスト

  • Track & Trace
    読取情報検索

    各製品が通過した工程の最新履歴を表示

  • EPC History
    履歴検索

    指定した製品単体の工程履歴を全て表示

  • Last process
    最新履歴

    各製品の最後に処理された工程のみ表示し、製品の位置情報を検索

  • Availability
    在庫状況

    サプライチェーンのそれぞれの場所にある在庫数量を表示

RFID(タグ・リーダ)をお求めのお客様

ムラタでは各種RFIDタグ・リーダのみの販売も行っています。
詳しくは製品情報ページをご覧ください。