muRata INNOVATOR IN ELECTRONICS

RFIDソリューション

ハードウェア選定

棚卸しや製品のトラッキングにRFIDを導入する企業の現場環境に適したRFIDタグやリーダライタ、その他機器の選定が重要になります。自社で開発・製造を行うタグ・リーダライタに加え、信頼あるメーカー製品も取り扱っております。

RFIDタグ

貼り付ける対象となるアイテムの材質や大きさ、読み取り方法・用途・使用環境などを考慮しながらRFIDタグを選定します。当社ではラベル形状以外にも製品に内蔵できるタグや特殊用途で使えるタグも紹介できます。

ラベル型タグ

値札や包装箱への貼り付けに適したラベル形状のタグです。長距離での通信が可能です。

小型タグ

製品へ内蔵できる小型のタグです。商品のトレーサビリティに有効です。

特殊用タグ

衣類管理用タグ
電子基板実装用タグ

一般的なRFIDタグは金属面への貼り付けや屋外での利用には適していません。当社では用途や使用環境に応じて最適なRFIDタグを提案します。

RFIDリーダライタ

RFID導入の第一ステップとして、タグの選定や管理する情報との紐付けを行なった後は、運用環境に応じた読み取り機器・方法を考える必要があります。

一般的な読み取り方法として、以下2種類のオプションがあります。

固定式リーダライタとハンディ型リーダライタの読み取り距離の違いを示した画像

固定式リーダライタ

Impinj製Speedway Revolution R420

梱包時、入庫/出庫時、会計時などサプライチェーンのポイントごとの設置に適しています。別売りのアンテナとの組み合わせで50cm程度の近接、或いは5-6m程度の広範囲の読み取りができます。作業台での読み取りや、ゲート型にして通過時に読み取るなどの設置方法があります。

ハンディ型リーダライタ

Zebra Technologies製RFD8500

ポケット型またはハンディ型リーダライタは、作業者によって行われる棚卸しに利用されます。スマートフォンとBluetoothでペアリングを行い、リアルタイムでのデータ取得、送信を行います。バーコードスキャナーと違い、複数のタグを一括で読み取り、箱の中などに入った状態でも読み取ることが可能です。読み取り可能な距離は一般的に数cmから4-5mになります。

リーダーライタ応用例

  • RFIDテーブルの画像 RFIDテーブル
  • RFIDゲートの画像 RFIDゲート
  • RFIDトンネルの画像 RFIDトンネル

RFIDアンテナ

固定式リーダライタを使用する場合、専用のアンテナを接続して読み取りを行います。設置環境に応じて幾つかのタイプがあり、ここでは3種類紹介します。

  • 平面アンテナ

    マスプロ電工製RFID平面アンテナRAF2031

    高利得で広範囲の読み取りが可能なアンテナです。5-6mの長距離での読み取りを行うゲートタイプやリアルタイムでの在庫管理を行う用途に向いています。

  • シートアンテナ

    マスプロ電工製RFIDシートアンテナRAS2031

    作業台などでの利用には、薄型のシートアンテナを使います。本棚や薬品棚、レジなどでも使用することが可能で、50cm程度の読み取りに最適です。

  • 小型ループアンテナ

    村田製作所製LXRFZZUCCA-036

    製品に内蔵するタイプの小型タグを使用する場合、電磁誘導方式による通信を行うため、専用のアンテナが必要となります。

RFIDプリンタ

Zebra Technologies製ZT410

製品にRFIDタグを貼り付けて運用する場合には、バーコードなどの目視情報とRFIDタグ情報を結びつけて運用するのが一般的です。

RFIDプリンタを使えば、バーコードの印字工程で同時にエンコードすることができます。

RFID(タグ・リーダ)をお求めのお客様

ムラタでは各種RFIDタグ・リーダのみの販売も行っています。
詳しくは製品情報ページをご覧ください。