muRata INNOVATOR IN ELECTRONICS

NAONA×Meeting:
関係性情報のセンシングデータプラットフォーム

1on1 Support

サービスのご紹介

1on1 Support

Spring Board社が開発した、上司-部下の1on1ミーティングシステム“1on1 Support”は、Web上サービスにログインすることですぐに使っていただけます。
上司は、システム内のダッシュボード上で部下ごとに1on1のスケジュールを設定し、議事録を作成したり、部下へのメッセージを送信できます。また1on1後はNAONAのデータが反映されますので、会話傾向の振り返りができ、そのデータを元に1on1改善に役立つヒント動画の閲覧が可能です。本サービスにより、上司は客観的に自己の行動を振り返ることでスキルアップができ、より良い1on1を実施することができます。

可視化で見えてくるメリット

  • Step01

    スケジュール設定

    1on1のスケジュールを設定し、事前ディスカッションポイントを部下に送付します。
  • Step02

    1on1ミーティング実施

    事前ディスカッションポイントをもとに1on1ミーティングを実施し、議事録を記載します。
  • Step03

    気づき・課題の見える化

    NAONAデータを確認し、ご自身の行動を振り返ります。
  • Step04

    改善対策(動画視聴)

    NAONAデータに対応したヒント動画をご覧いただくことで、1on1ミーティングの改善のヒントが得られます。
  • Step05

    スキルアップ

    本システムを継続してご利用いただくことでご自身のスキルアップにつながります。

1on1 ミーティングシステム
主な機能紹介

  • 1on1Supportダッシュボード・ミーティング作成項目やユーザー一覧などがわかる

    機能01

    ダッシュボード

    『ダッシュボード』では、これまでの1on1の履歴が時系列で表示されます。『ダッシュボード』では、これまでの1on1の活動履歴が時系列で表示されます。

  • 1on1SupportダッシュボードからNAONAのグラフ化されたデータが閲覧できます。

    機能02

    NAONAデータ

    実施した1on1の横に表示される『NAONAデータ』では、会話の傾向を閲覧することができ、上司自身が1on1を客観的に振り返ることが可能となります。

  • 1on1Supportダッシュボード・ユーザー一覧では登録ユーザーの顔写真・ユーザーステイタスなどがわかる

    機能03

    ユーザー一覧

    『ユーザー一覧』では、これまでの1on1の総合評価を部下ごとに閲覧することができます。部下ごとの特徴や改善すべき点の把握が可能です。

  • 1on1Support動画解説アシストのイメージ

    機能04

    動画解説アシスト

    1on1の傾向に応じて、ヒントとなる動画解説をサジェスト(提案)します。3分程度の動画解説を見ることで、1on1の改善につなげます。